自動車の加速と減速


ぺ〜ぺ〜技術者の研究倉庫 トップページ > 自動車の加速と減速

加速と減速は、自動車運動の基本中の基本ですそんなに難しいこともありません。加速と減速について、力学として知っておくと、どうしてエンジンパ ワー(エンジンの馬力)が大きいと、自動車は速くなるのか、どうして軽い車は速いのかということが理解できるようになります。

運動の基本 ニュートンの運動法則

加速と減速についての基本の式は、力学で最も有名な公式である、ニュートンの運動法則が基本になります。数式で表すと次のようになります。

          

この式からどうしたら、自動車の質量が軽くて、加速力が大きいほど加速度が大きくなるため、自動車が速くなるってことがわかります。また減速の場合を考 えると、少しイメージはつきにくいですが、減速力、つまりブレーキの力が強くて、あと自動車の質量が軽いほど、自動車はすぐに止まります。

と、式で表すと単純な形になりますけど、実際には、エンジンパワーを大きくして、ブレーキの力を強くすれば車は速くなるんだ!というとそう単純な話ではありません。

加速力には、もちろん加速を邪魔する力(空気抵抗、機械効率)も入ってくるし、もっといえばいくらエンジンパワーが大きくても、タイヤと路面の摩擦力が低かったら、いくらアクセルを踏んでもエンジンから発生するトルクが地面に伝わらずタイヤは空転するばかりと、まったく意味がなくなってきます。